自走式組織®営業人財研修

「営業人財研修」による、営業部強化プログラム

営業部の業績改善にお悩みの社長へのメッセージ

企業の改善は、即ち売り上げを作る営業部の改善と言っても過言ではないでしょう。
そして、営業部の改善は、営業マンの改善であり、その核心は営業の「マインド面の改善」です。
営業マンが自分の仕事に誇りとやりがいを持つために必要なことは何か。それは自分のやっている、「営業という仕事の目的」を明確にすることです。
しかし、それには自分自身の目に見えない「価値観」と、その反映である「生き方」を見つめなければなりません。
営業人財研修は、営業マン個人にスポットを当て、仕事に対する姿勢、営業としてのマインドの変革を目的とした研修です。
売り方である「セールスの方法論」は市場に溢れています。しかし、今は「どう売るか」よりも「誰が売るか」が顧客にとっては重要な要素となる時代です。
売り方や、セールストークによる駆け引き、提案書の作成方法、などの「スキル」の前に、営業マン自身の「在り方」を再定義し、人間性とその前提・土台であるマインド面を見直します。
単に「売ればいい」という営業マンの段階から、「顧客に貢献し、感謝され、選ばれる」という営業マン本来の在り方に本人自ら軌道修正し、さらには「経営的視点から」計数を理解し目標設定・行動計画に落とし込める営業マンへ成長する。・・・このように、顧客からも、会社からも本当に「選ばれる」営業マンに進化することを、営業マン自身も心の中では望んでいるのです。
それは、その先にしか、営業マンの幸せや喜び(必要とされることからくる、仕事のやりがい、成長による自信と誇り、豊かさ、感動)は存在しないからです。
この営業人財研修は、社員が仕事を通して充実感を得て幸せになることを深く考えることができる研修です。
ぜひ、導入をご検討ください。

「営業人財研修」による、営業部強化プログラム

営業マンの研修は、
・基礎コース(1泊2日・合宿形式)
・アドバンスコース(2日間)
の2つの研修を準備しています。

営業人財研修・基礎コース

対象者:一般営業マン
実施形態:一泊二日・集合/企業単体

目的

・営業マン自身の変革の基礎となる、「営業マインド」を変えることで見えてくる「顧客から感謝され、選ばれる営業マン」としての生き方を考え軌道修正する
・何のために、誰の為に、生きるのか?〜自分自身の生きる目的を考え、自己実現についてイメージし、内発的動機の自立型営業マンに変革する

研修項目

1、営業マンとしての自分自身を客観的に分析する
2、営業マンの変革による営業部の改革:理論体系と実行プロセス「営業マンの基本行動」「営業マンの5つの習慣」
3、営業マンのマインド変革実施プロセス

ゴール

・単に「売ればいい」だけの営業ではなく、「顧客から感謝され、信頼され選ばれる」営業マンになる
・「何のために」営業をするのか?「何のために」売るのかを、心の底から納得している状態
・自分が営業をする「目的」を、誇りをもって大切な人に伝えられる状態で、貢献の自身に満ちた状態
・営業マンとしての基本行動と習慣づけから仕事の基本を再定義できている状態

営業人財研修・アドバンスコース

対象者:一般営業マン
実施形態:2日間通い・集合/企業単体

目的

・「ベーシック」において、自分自身の「営業マインド」を変えた営業マンが、実際の営業シーンで実践する考え方とともにスキルを学び、さらなる結果を出せるトップセールスへ成長する
・自社の商品(サービス)を顧客に提供するプロセスに沿って「営業の5つの力」を応用し、結果につなげる自分なりのストーリーを構築する
・自分だけのクロージング・ブックに整理し、今後の活用ができる状態にする
※内容は企業の営業形態によりカスタマイズし提供

研修項目

1、「営業力」とは何か
2、TTC流:営業の5つの力〜顧客から選ばれる営業マンになる為の力を強化する〜
3、今後の自己成長に向けての準備

ゴール

・自分自身のセルフイメージが、「顧客から感謝され、信頼され、選ばれ続ける」営業マンへレベルアップし、自信に満ちている
・自分自身の、「クロージング・ブック」が出来上がり、更なる実践で、自分が伸ばしたい「営業の5つの力」を磨き上げる行動計画ができている状態
・社内に対しては、人間性能力・営業スキル共に一定レベルに達し、他部所に対しても「商品力、ブランド力、価格、が競合より多少見劣りしても、我らの「営業力」で目標達成するから任せろ!」と言える

営業チーム・レベルアップ合宿

研修受講後の、営業チームの継続的なレベルアップを図るための合宿研修「営業チーム レベルアップ合宿」を貴社の年間スケジュールに合わせて実施しています。組織の成長課題に応じて内容構成しています。

対象者:営業部全員
実施形態:一泊二日合宿・年2回〜年4回

目的

・研修後、現場での実践の中で出てきた疑問や壁を解消し、前進できるように再度、自分の営業マインドと考え方・スキルを修正する
・営業部の年間目標に対する四半期の実施振り返り、問題解消、方針設定、合宿で営業部のベクトルをしっかりと揃え、お互いの絆を強化する
・全員の同時参加によって、上司の部下育成姿勢も向上させる場である

研修項目

1、実践行動の振り返り=マインド面のブラッシュアップ
2、営業の「5つの力」成長レベル再チェック〜スキル面のブラッシュアップ
3、営業部のベクトル共有と目標設定

ゴール

・営業マンとしてのレベルアップを行う上で、仲間の意見を参考にし、課題と向き合い乗り越える事で、お互いに教え、学ぶ社風を根付かせる
・社長〜営業部としての方針を徹底し、ベクトルを揃え、一泊二日での共通体験を通じて絆がさらに強くなる

参加者の声

IT系企業営業マン 33歳

普段、意識はしていても頭の中で整理できていなかったことを、吉野さんの講義とワークの中で改めて感じることができました。営業のテクニック論は書店で本を手に取ることで得ることはできますが、自分の仕事観、価値観などに向き合う時間になってとても良かったです。営業だけでなく新社会人向けにもなる内容だと思いました。営業マンとしての気付きと、人間としての成長を同時に考えさせていただくいい機会を頂き、ありがとうございました。

医療機器営業 26歳

(良かったところ)
吉野さんの情熱が伝わってきたことが、一番印象的でした。情熱で心が動きました。ありがとうございます。私は勉強して試すことが大好きなので過去の偉人の言葉を使う所が説得力があり、伝わってきました。
“感謝報恩”で、人生の起動を変えられるという事を始めて知りました。ありがとうございます。
(感じた事)
志と”感謝報恩”は心に響きました。 私の気づいていない盲点に気付け、とても良い学びになりました。ありがとうございます。

経営者 39歳

・テクニックに特化しているセミナーや書籍が多い中、人としての在り方を教えてくれる、価値のある研修だと感じました。
・半日でも十分に価値を感じましたので、2日間のセミナーを受講した方は人生が変わるのではないでしょうか。

建設業 30歳

本日、営業人財研修を受講し、「営業」の基本となるのはやはり、人間性、考え方に尽きると感じました。
人としての在り方については、実際今まで私は意識をしている”つもり”でした。今回の研修であらためて実際の営業を行うための心構えが再確認できた様に感じます。また最後のワーク形式での研修は、日頃感謝を思っていてもどの様に感謝しているかまでは考えていなかったので、再確認することができました。
そして、今までの人生で数々の人に助けてもらったり支えてもらって、現在の自分がいる事を再認識できたので、より今後の未来に自分の目標を抱ける上で今までお世話になった方々に恩返しができる様、仕事に取り組んでいきたいと感じました。
今回の営業人財研修は、非常に参考になりました。有難うございました。

住宅営業マン 38歳

本日は、大変勉強になりました。ありがとうございます。営業としての心がまえ、人としての在り方から具体的な目標設定、行動へ移す仕組みがわかりやすかったです。目標実現出来ないのは、動機がしっかりしていないから。自分のためよりも周りの人のために動くことがポイントだと教えて頂きました。また目標設定にも価値観、目的達成イメージ、得られる利益、与えられる利益(100コ)、考えられる障害(20コ)経過のプロセス、期限とよく考えて行動出来るようになっている点が今までと違う方法でとても参考になりました。
責任性能力調査、人間性能力調査もグラフ化されることで認識できたので、今後に役立て、人生が好転するイメージができました。

問合せ・お申し込みフォーム


ご予約は、下記フォームより必要事項をご記入の上、お申し込みください。
折り返し、詳細のご案内・お申込書等をメールにてお送りします。

ご予約・お問合せ 
自走式組織®︎営業人財研修

お名前 必須

フリガナ

会社名 必須

役職 必須

メールアドレス 必須

TEL 必須
- -

ご住所必須

備考

ご要望日時、ご要望の時間帯、ご質問、その他、人と組織のお悩みなどがあればご記入下さい
<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。
<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。
<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。